FC2ブログ

逆さの女

2019.03.06.Wed.20:10
66 :本当にあった怖い名無し:2005/04/26(火) 16:13:47 ID:VFSv7DB80

大学の時、寮の管理人さんが退職するので寮生みんなでお別れ飲み会をやった時、管理人さんに聞いた話。

彼が寮の管理を任されて間もない頃、寮で飛び降りが続いた事があったらしい。
二人目の自殺者が出て半月ほどした頃、彼は夜の見回りに最上階に行こうと階段を上った。
各階の踊り場には窓がついてるのだけど、上りかけのとこで窓の外に何かいるのに気付いた。
5階の窓の外に、女の子が逆さに浮いてたそうだ。
髪をばさばさなびかせて、恐怖に引き攣った真っ白な顔をして。
管理人さんは全速力で階段を駆け下りた。


続きを読む "逆さの女"

四年前の空間

2019.02.05.Tue.20:10
584 :本当にあった怖い名無し:05/03/08 00:10:34 ID:Lt6Tujp00

あれは俺が5年生の頃だった。
俺の家族は、その時アパートの3階に住んでいたんだ。

あるとき、上に住んでいた4階の住人が引っ越した。
夜中とか結構ドタバタうるさい所だったんで、正直ラッキーぐらいに思っていた。

次の日、弟が俺をその4階の部屋の前まで引っ張って行って、「いいもの見せてあげるよ」と言った。
「ほら、ここの家鍵が閉まってないんだぜ」
本当だ。きっと住人が出て行くときに閉め忘れて、大家もチェックをするのを忘れたまま帰ってしまったんだろう。
もちろん、家具などは運び出されてしまっていてもう無いが、
自分の家とまったく同じ家具の無い部屋の中にいると、不思議にワクワクしてくる。
俺達はその部屋を秘密基地にすることに決めた。友達にだって内緒だ。


続きを読む "四年前の空間"

何を言っているのか分からない

2019.01.05.Sat.20:30
124 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 12:01:10 ID:5gOipy2J0

私は2年前までソープ嬢をしていて、その時在籍していた店『Y』での体験です。

ここには人の紹介で入店しました。
「稼げるし、何よりあんたは若いから、店長さんも喜ぶよ」と。
当時私は23才で言う程若くないので「?」とは思ったのですが、面接に行くと店長(♀)は本当に大喜び。
「若くてかわいくていいわね~!よろしくね!!」と、即入店が決まりました。

で、働いてみて分かったのですが、この店は女の子の平均年齢がとても上なんです。
本人に聞いた訳ではないので正確ではないのですが、ざっと見ただけでも全員40才は越えてるような…
なるほど、こりゃ私が入ったらメリハリが付くし喜ぶだろうなぁと納得しました。
実際、かなり適当な仕事ぶりなのに、待遇も他の子よりも良くしてもらっていました。
そして恥ずかしながら、だいぶ調子に乗ってもいました。
続きを読む "何を言っているのか分からない"

山小屋でのバイト

2018.12.06.Thu.20:30
9 :本当にあった怖い名無し:2006/05/11(木) 17:15:39 ID:nwwQJx300

数年前の話。夏休みに何か高収入のバイトないだろうか、と友人と探してた。
とあるバイト雑誌に、『山小屋を1日間、管理してもらいたい』という応募記事が目に付いた。日給2万円。
すぐさま電話すると、『締め切りました』と。
がっくりしてると、次の週のバイト雑誌にも載ってたので、すかさず電話。
今度はファミレスで面接までこぎつけた。バイト代は、泊まった翌日の朝に支払われるらしい。
なぜか俺ら2人は即決し、山小屋までの地図のコピーをもらい、その日がやってきた。

意外と市街地から近く、私有地の山林の中にその山小屋はあった。
『私有地により進入禁止』と書かれた金網の所に、初老の男が立っており、
「バイトの00君と00君だね、話は聞いてるから通って」と言い、俺らに山小屋の鍵をくれた。

10分ほど歩くと、山小屋が見えてきた。
丸太で出来たのを想像してたんだが、ちゃちなプレハブだった。
風呂がないのと食料持参なのが玉にキズだったが、高い日給に俺らは上機嫌だった。
バイト内容は、「山小屋内の軽い清掃と、外の植木鉢に水を朝夕やること」のみだった。


続きを読む "山小屋でのバイト"

幻覚と幻聴

2018.11.06.Tue.20:30
814 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 19:50:45 ID:/TzKIcZn0

私の母は数年前から老人介護の仕事をしているんだが、
この前、痴呆老人の見る幻覚について話を聞かせてもらった。
話を聞いていて分かったんだが、どうやら彼らの見る幻覚は、あまり良いものではないらしい。
ある患者は「そこに子供が死んでいる」と、何も落ちていない床を指差したり、
また別の患者は「隣のベットの上に血だらけの人が沢山いる」と、
誰も寝ていない空のベットを見て、おびえたりしているらしい。

素人考えに過ぎないのだが、痴呆老人の見ている幻覚は、若い頃に見たり聞いたりした嫌な光景で、
どうにか思い出さないようにしていたものが、見えている確立が高いんじゃないか・・・と思う。


続きを読む "幻覚と幻聴"

陰気な会社

2018.10.07.Sun.20:30
8 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 23:21:05 ID:zLhvggXd0

3年ほど前、PC関係仕事で、小さな旅行会社に派遣で行った。
経理担当と業務担当の女性2人と、営業男性一人、女性社長だけという、本当に小さな会社だった。

私の仕事は、システム組んだりサーバー立てたりと、旅行業務には関係の無い仕事だった。
経理の女性は仕事をしていたけれど、業務担当の女性はおそろしく性格の悪い巨デブで、
朝から業務終了まで菓子を食べてるか、女性社長と噂話などしているだけで、仕事をしている様子が無かった。
営業男性は、何をしているのか良くわからなかった。
何より不気味だったのは、旅行会社なのに、旅行のお客が来ないこと。
1カ月だけの仕事だったが、問い合わせの電話が週に1~2件あるだけで、
お客さんが入ったことが一度も無かったこと。
サーバー管理をしていたので、外国と旅行関係のメールやり取りはあった。
女性社長も何をしているのか良く分からず、メールシステムがあるのに、外国とは郵便かFAXで取引をしていた。

実害は無かったけれど、陰気で会社という雰囲気が全く無く、気味悪いまま1カ月が過ぎ、
さっさと次の会社へ行った。


続きを読む "陰気な会社"

ワープ

2018.09.07.Fri.20:30
641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2000/12/17(日) 22:23

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさんとしますね)のお話。

Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、
チャイムが鳴ったので、1番に教室にかけ込んで行った。
クラスの子全員で遊んでいたので、当然自分が1番だと思って教室の扉を開くと、
全員が着席をしていて、担任の先生が心配そうに「Aさん、何処いってたの?皆心配してさがしたんだよ?」と言う。
Aさんはワケが分からずに、「え、でもチャイムが鳴ったので、校庭から教室に戻りました・・・」と答えたけど、
実はその時、Aさんは1日行方不明の状態で、この日も家に帰ってこなければ捜索願を出そうとしていたそうです。
結局、原因は謎のまま。

続きを読む "ワープ"

2段目

2018.08.08.Wed.20:30
187 :本当にあった怖い名無し:2008/03/11(火) 17:25:54 ID:9cp1T/7y0

得意先が移転し、お祝いをかねて訪れた。
そこは1階が店舗で2階が事務所。
とりあえず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階にあがる。
しかしこの階段、何か違和感がある。なぜか下から2段目だけが、幅が狭く段が高い。

事務所に上がり話も盛り上がり、帰り際2段目の事はすっかり頭から消え、危うく足を挫きそうになる。
すると、「階段危ないから気をつけて」と社長の声。先に言えよ。
「大丈夫ですから~」とお愛想をして店を出る。

続きを読む "2段目"

階上の子供たち

2018.07.09.Mon.12:30
474 :ヒバリー・ヒル:2000/11/11(土) 04:34

自動車事故にあって鞭打ち症になったAさんは、仕事もできなさそうなので、会社を一週間ほど休むことにした。
Aさんは結婚しているが、奥さんは働いてて昼間は一人だった。
最初の数日は気楽だったが、さすがに3日目くらいになると暇をもてあましてきた。
それでもどこかへ出かけるには体がつらいので、家でじっとしていなければならなかった。

そんなある日、お昼も過ぎた頃、ぼんやりとテレビを見ていると、
上の階の部屋からドスンドスンと音がして、子どものはしゃぐ声が聞こえてきた。
学校が休みなのかといぶかしく思ったけれど、気にもとめなかった。

続きを読む "階上の子供たち"

セールス先

2018.06.09.Sat.20:30
216 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 18:05:56 ID:Uo7eGMEH0

俺、事務用品のセールスやってんのね。
中小企業に勤めてる社会人なら経験あると思うんだけど、
雑居ビルみたいなところに入ってる会社に、「事務用品会社のものなんですが」っつって注文取るやつ。
まあ大概は「結構です」って言われて門前払い食うんだけど、その日行ったある会社は様子が違ったんだ。

ドアをノックしてからあけて、
「こんにちは、突然失礼いたします。○○という事務用品の店なんですが」
っていういつもどおりのセールストークして、社内の反応伺ってたら、
応接用なんだか作業用なんだか分からない一角に座ってた人が、物凄い勢いで立ち上がって、
すんごいにこやかに椅子を勧めてきてくれんの。
この時点ではちょっと違和感があったくらいで、
むしろ「あ、当たりを引いたかな。ラッキー」くらいに思ってたんだ。
んで、「事務用品のご担当者の方はいらっしゃいますか」って聞いたら、
「今ちょっと外出しておりますので、すぐに呼んでまいります」って言われて、
またしても物凄い勢いで外に飛び出して行くのさ。
何もそこまでせんでも、とは思ったけど、これなら注文までこぎつけられるかも知れないと考えて、
おとなしく座って待つことにしたんだ。
今思えば、この時点でとっとと帰ってりゃ良かったんだけどな。


続きを読む "セールス先"
 | HOME | Next »