FC2ブログ

裏S区 その3

2017.04.09.Sun.21:30
779 :763:2007/03/14(水) 05:24:56 ID:Xss+iCNa0

次の日から、俺は普通通りに学校に行くようになった。
(エレベーターは一人で乗ることが出来ないため、いつも親と一緒に乗ってた・・・)
ただし、この日Aに異常が起きたらしく、
その日の夜に「Aが居ないんだけど、○君の家に行ってないか」という連絡が、Aの父親からあった。

次の日から、BさんやAの両親が捜索願いを出して探してたらしいが、
家に家出をするといった感じの手紙が置いてあり、
家出人の捜索のため警察が捜索をする、ということは無かったらしい。

Aの親が電話をしてきた理由は、その手紙に俺の名前が何個も書かれていたことが起因らしい。
俺は『霊がのりうつってたから』と言う理由があったからと言って、Aを許してはなかったから、
どうでもいいって思ってた。

Aが行方不明になって3日目の朝に、どーーーん!っていう音が聞こえて起きた。
俺はもう、そんなことがないと思ってたから、本当に汗がびしょびしょになり、
直ぐに親の部屋に逃げこんで、少したって、夢での出来事だったことに気付いた。
(というか、そういう風にした)
ただ、その日にAが飛び降り自殺をしており、時間帯も朝方であったと聞いて、
その夜から怖くなってきて、一人で寝ることが出来なくなった。
遺書が見つかっている事から、自殺で間違いないようだ。
遺書の中に俺宛の部分があり、
『ごめん、本当にわるかったね。
 多分俺らの家系は、部落でちょっと頭がおかしい家系が多いんやと思う。
 自分の家系のせいにしたくないけど、お前を殴ったのは本当に悪かった。ごめん。』
って書かれてた。


780 :763:2007/03/14(水) 05:25:49 ID:Xss+iCNa0
その次の夜にお通夜があり、俺も両親とともに行ったのだが、俺はすごく嫌がってた。
ただ親が、「一応供養だけはしとかな、変なことあったら嫌やろ?」って言うので、
仕方なく行くことになった。

お通夜もかなり変わっており、通常のお通夜と違い遺影など無く、その代わりに紙にAの名前が書いており、
それを御棺の側面にびっしり貼り付けていて、近づくのも嫌になるような不気味さを漂わせてた。
Bさん曰く、
「写真を置くと、写真の顔が変形するんだよ。
 それは見るのが耐えれないほどの奇怪なモノだから、この地域ではこういうやり方でやるんだ。
 名前の書いた紙をびっしり貼ってるのは、『コイツはAだ。××××ではないんだ』っていう証なんだ」
との事。(本当に意味不明。奇怪すぎる内容にひいた)
その時、Aの父親が俺に話かけてきて、
「迷惑かけてごめんね」と、Aが家出したときに書いた手紙と遺書を見せてきた。
遺書の部分は上記の通りだが、この時は本当は見たくなかった。
家出をした際に書かれた手紙には、
『○(俺の名前)にあいつが憑いてたんだけど、ずっと俺を殺そうと見張ってる。
 おじさん(Bさん)が、○のあいつを御祓いしたからもう大丈夫って言ってたけど、
 あいつは俺に来たみたい。
 でも、おとうさんはあいつを御祓いできないだろうし、おかあさんの家に行ってきます。
 行く道であいつがついてきたら、他に行ってみるね。』とあった。
Aの両親は別居中だったため、Aは母親方の実家に向かったらしかったが、
そのまま行方不明になったらしい。
ただ、何故か警察は家出だと言って、行方不明というよりは、家出人としてしか扱わなかったそうだ。


781 :763:2007/03/14(水) 05:26:33 ID:Xss+iCNa0
それは本当に、見なかったほうが良かったって思った。
あいつとか書かれてるし、意味も不明なので。
その日までの現実離れした出来事をかなり思いだされて、怖さで震えてきた。
Aの自殺した時間が朝方だったことも怖さをまして、ココには居たくないって本気で思った。
俺がおかしかったんじゃなく、こいつらが異常だって思った。
お経も無く、変な平屋のような場所に棺桶が置かれており、びっしりとAの名前が書かれた札を貼っていて、
その挙句、親戚の何人かは笑っているのである。
韓国だかどこかで泣き子といって、泣くだけの為に葬式に参加してるってやつがいるって、
気味の悪い話も聞いたことがあるけど、
この集落に伝わる葬式も、気味が悪いを通り越して異常でしかなかった。
うちの両親もさすがにこの状況は怖かったらしく、「もう、かえるか」と、挨拶も早々に切り上げた。


782 :763:2007/03/14(水) 05:32:31 ID:Xss+iCNa0
それから数日後に、Bさんが両親に言ったのが、
俺に憑いてたのは、Aのおばあさん(つまりBさんの母親)が、
××××になって(霊だろうけど、そうは言わなかったので)憑いてたとのこと。
もうそんな話はどうでも良いから、聞きたくも無かったけど、「聞いといて」との事なので聞かされた。
飛び降り自殺をしたニンゲンも裏S区出身者で、××××に追いかけられてた事。
俺に取り憑いた理由はわからないが、以前Aの家に行った時についたのかもとの事。等を聞かされた。

そこで俺も、怖いと思ってたことを2つ聞いた。
1つ目は、Bさんに殴られる前に見た『顔』。
2つ目は、飛び降りしたはずの人間が階段に居て、下の遺体のもとに駆け寄ろうとしてたが、
アレは何なのか。


783 :763:2007/03/14(水) 05:33:29 ID:Xss+iCNa0
そうするとBさんは、2つ目については、
「死んだ人間は、死んだことを分からない事が多い。
 だから、下に自分が居たので、取りに行こうとしたんじゃないかな」との事。
ただ、そこで邪魔をされると、呪いをかけようとするとの事。
ここで俺は、「邪魔をしてない」と口を挟んだところ、
「お前、エレベーターを呼んだだろ?『ピン』って音が邪魔なんだよ」
って、Bさんの口調がかなり強い言い方に変わった。
本当に飛び跳ねそうになった。俺の両親もかなりびびってきてた。
Bさんはその口調のままいった。
「お前なぁ、見ちゃだめだろ?俺はいいがお前はだめだろ?見んなよ。俺をみんなよ。
 なぁ?おい。聞いてるか?おい?」って感じで。
さすがに親父が怒って、「何言ってんだ?怖がらせてどうする!」というと、Bさんがビクンってなって、
「あ、ごめんなさい。申し訳ない。ちょっと来てたので、聞いてみようと思ったんです。申し訳ない」
って言い出して、口調を戻した。
「見てはダメだったと言っても、見たくて見たんじゃないから、もういいだろ?な」と自問自答を繰り返し、
その後俺に向かって、
「もう、絶対に大丈夫。本当に申し訳なかった。
 この亡くなった奴も××××に追いかけられてて、○君にのりうつってたあいつに怒ってしまって、
 ○君のとこに来たみたい」との事。


784 :763:2007/03/14(水) 05:36:17 ID:Xss+iCNa0
1つ目の質問については、「それが××××」との事。
(この名前はもしかしたら、日本語とかでは無いか、もしくは方言なのかなぁと、このときに思った)
そして、Aのおばあさんが××××になってしまった。
でもAの父親が、自分の母を消すのは心許ないとの事で、御祓いを避けてたとの事。
ただしAが亡くなってしまったため、流石にもう腹を決めたらしく、御祓いを昨日済ませたとの事。
等を聞いた。

そして、Bさんが帰るとの事だったので、玄関で見送りした。


785 :763:2007/03/14(水) 05:37:13 ID:Xss+iCNa0
Bさんが玄関を出た直後に、いきなりBさんの笑い声が聞こえた。
「あはははははは。ははははは」って。
俺はびくっ!ってなり、膝から崩れた。
親父は「やっぱりあそこの連中はおかしいわ」と、怖さからか、それとも本当に怒ってるのか、
怒鳴る感じでそういってた。
母は「もう、あの人らに関わるのはやめようね」と言い出して、涙目になってた。
あんな話をしてて、笑いながら御祓いすると聞いてても、
家を出た瞬間にあんな笑い声を張り上げている奴を、流石に同じ人種とは思えない。
「あはははははははは」と笑ってて、その声が聞こえなくなって、
初めて三人とも動けるようになり、リビングに戻った。

俺が「あいつらはおかしいよ、絶対異常やって。っていうか、あいつエレベーターで帰ったんやろうか?」
と言ったら、
親父が「あいつとか言うな。一応年上やろうが。はぁ・・・もう、関わらんようにしとけ」と言って、
鍵を閉めに行った。

その直後に、「はやくかえれ!!」っていう怒鳴り声が聞こえて、心臓が止まりかけた。
母親も「ひぃ」ってなってた。
親父が鍵を閉める前に、夕刊が郵便受けに入っており、
それを中から取ろうとしたら、上の部分に引っ掛ってしまっており、外から取ろうとしたらしい。
そうしたら、Bさんがまだエレベーターホールでニヤニヤしてたらしい。
親父はぶち切れてて、「警察よぶぞ!」とか言い出しており、(怖かったんだと思う)
横の家の人とかも出てきて、
Bさんは「え、い、いや、今帰ろうとしてたとこです。え?なんですか?」とか言ってたらしい。
言った瞬間に又ケタケタと笑い始めて、エレベーターに乗って帰ったらしい。
(親父が「塩まけ。塩!」と言い出し、狂ったように塩をまいていたので、
 隣人からしたら親父も異常に見えたかも)


786 :763:2007/03/14(水) 05:38:38 ID:Xss+iCNa0
その後、両親と一緒に有名な神社に行って御祓いを受けて、家を引っ越した。
S区からは移動してないため、同じ学校の地域だったが、
俺は他の地区の学校に転入をしてもらい、それ以降は一切裏S区には近づいていない。
今は新S区と名前を変えてるが、地域性自体は変わってないようであり、
従兄弟の通うS区の学校では、未だに同和教育があり、
地域は言わないものの、差別的な事が現実にあると教えてるとの事。
しかし、アクマで部落、集落への差別としか言わず、
裏S区の事情、情報は皆無で、裏S区と呼ぶと教師が過敏に反応し、
「新S区だ」と言い直したりとかもするそうである。
(これは九州特有の人権主義、日教組等によるものだと思うけど)
Bさんに関しては一切関わりを絶っているため、今はどうなってるかは不明。

うちの両親はこの事件までは、裏S区に関しての差別意識は皆無だったが、
これ以降はかなり毛嫌いしており、その地域の人達との関係をかなり制限してる。
俺はそれ以降霊的な出来事は皆無だけど、エレベーターだけは一人で乗れず、
はずかしながら一人で寝ることも出来ないので、妻にすごく馬鹿にされている状態。
終った直後の頃は、トイレに行くときも親を起こして、(高校生なのに・・・)
一々行ってた位に、心身が恐怖で埋まってた。
俺に関しては、裏S区の出身と聞くと、差別というよりも恐怖だけが全身を駆け巡り、話も出来なくなる。

駄文、かなりの長文失礼しました。一応体験談として置いておきます。
読んだ人マジで乙


797 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 09:37:58 ID:5dxvOK670
ナメ○○○>ナメラスジ
魔の通り道や、鬼門裏鬼門の線上のことだったりするね。
似たようなものに、ケガレチ(気枯地)なんかもあったりする。
自分も九州人なので、こういった話は時々聞くね。
古墳、遺跡、巨石機構、山岳信仰など多いし、民間伝承、迷信、神懸りなんか、今も脈々とつづいてる。
長崎の外海、五島なんかは、隠れキリシタンの独特の風習、迷信や呪詛なんぞもある。
関連記事
コメント

管理者のみに表示