FC2ブログ

踏切

2016.11.10.Thu.08:30
906 :踏切:2007/08/08(水) 03:48:37 ID:X0p8SiOL0

恐らく僕はもうすぐ死んでしまうでしょう。きっと心臓麻痺か何かで。
でも、病気ではないのです。僕は殺されるのです。
きっと、話したところで誰も信じてはくれないでしょう。
それでも、ここに僕の死んでしまった本当の理由を書き残します。

僕の住んでいた所には、窓から見えるところに踏切がありました。
一年に2人はそこで亡くなります。すべて自殺です。
基本的に自分が夜型の生活なので、めったに現場に遭遇することはなかったのですが、
運が悪いときには、散らばった肉片を見かけることもありました。
もちろん、そういうモノは見たくありません。
しかし、直接的でない、いわゆる霊的なモノは好きな方で、
夜出かける時などは「幽霊に出会わないかな?」と、ワクワクしながらその踏切を渡ったりしていました。
しかし、二年以上経っても、そういった類の事には出会うことはありませんでした。

そして、3週間前のバイトを止める日、同僚達から花を貰い、飲み会などを終えて自宅に帰る途中、
例の踏切の手前で、『自殺スポットに置いてある花束は、自殺者を呼び込む』と言う、
出所のハッキリしない記憶が蘇ってきました。
せっかく同僚達がくれたものですが、家に持ち帰ってもおそらく捨ててしまうだけ。
それならばいっそと、踏み切りの横にそっと置いて帰りました。

その晩は何となく寝付けず、朝方になっても目は冴えたままでした。
そしてなんとなく、本当に何となく窓の外に目をやると、
鮮やかな青のジャンパーを着た五十歳くらいの男が、踏切の辺りでウロウロしていました。
まさかな…と思いながら、その行動を目で追っていると、
「カンカンカンカン」と耳慣れた音と共に、遮断機が降りていました。
振り返って時計を見ると、ちょうど始発の電車がやってくるころです。
窓の外に視線を戻すと、男は足を止めて、僕の置いた花束をじっと見つめていました。


907 :踏切:2007/08/08(水) 03:49:25 ID:X0p8SiOL0
だんだん電車が近付いてきます。
男は視線を足元に落としたままです。
僕の心臓の鼓動が早くなります。
電車はもうすぐそこに迫っています。
僕は男から目を離せません。
電車が十分に近付いたところで、男は遮断機をくぐり、線路上に立ち、こちらを見上げました。
男と僕は目が合っってしまいました。
その時、「オマエが」と言う声が耳元で聞こえたのです。
次の瞬間、男は電車に吹っ飛ばされ、視界から消えていました。
僕は恐ろしくて振り向くことも出来ません。
きっと幻聴だ。昨晩あんな事をしたから聞こえた気がしただけだ。
そう自分に言い聞かせながら、ゆっくりと後ろを振り向きました。
そして、思った通りそこには何もありませんでした。
ただ、なんだか鼻を突くツンとした臭いが一瞬したような気がしましたが、
その時はあまり気にしませんでした。

しばらくの間ボーッとしていると、パトカーや救急車のサイレンが聞こえ始めました。
これから数時間は、警察なんかが慌しく作業を行うはずです。
こういう場合は、目撃者として名乗り出るべきなのでしょうが、
正直、面倒ごとには巻き込まれたくないという思いで、黙っていることにしました。
きっと目が合ったと言うのも、僕の思い過ごしだろうと決め付けることにしました。

とにかく、凄い光景を見たことを友人に報告しようと思い、携帯を探していると、
「ゴトッ」という何かが落ちる音が、玄関の方から聞こえてきました。
なにが落ちたんだろうと扉を開けると、お気に入りの靴の横に男が落ちていました。
正確に言えば、男の首と足と、どこだかわからない欠片です。
僕はおそらく、一旦そこで気を失いました。


908 :踏切:2007/08/08(水) 03:50:35 ID:X0p8SiOL0
次に目覚めた時には、玄関に男の欠片はありませんでした。
ただ、ツンとした臭いが周囲に漂っていました。

僕は財布と携帯だけをもって家を飛び出し、近所の友人のうちに転がり込みました。
ただ、事情を説明すると、家にいるのを嫌がられてしまうかもしれないので、
今日はバイトも止めて暇なので遊び相手を探していた、と言うことにしました。
そうして、一晩その友人宅に泊めてもらおうと考えていましたが、
夕方になってくると、あのツンとした臭いが部屋に立ち込めてきました。

とりあえず人気の多い所へと思い、友人に24時間営業のファミレスへ行こうと提案しました。
そして、ファミレスに行くことになったのですが、どうせならと言うことで、
他にも友達を数名呼ぶことになりました。

人間と言うのは不思議なもので、たくさんの人に囲まれると安心してしまうのか
三十分もすると、とてもリアルで生々しかった今朝の体験を、
『実は自分が作り出した幻覚なのではないか』と疑い始めました。
そして、三時間もするとすっかり今朝のことは忘れて、友人たちと馬鹿話に花を咲かせ楽しく笑っていました。

しかし、僕たちの席に来るウエイトレスの様子がおかしい事に、僕は気付きました。
よく注文を間違えていたし、皿を下げるときもやたらとせかせかと急いでおり、
そのせいで皿を一枚落としてしまいました。
それを、落ち着きがない子だな、程度に思っていましたが、
僕の皿を下げるときに目が合うと、「ひっ!」と小さく声をあげたのです。
僕はとても嫌な感じがしましたが、どうすることも出来ません。


909 :踏切:2007/08/08(水) 03:51:33 ID:X0p8SiOL0
結局深夜一時には解散することとなり、みんなそれぞれ帰り支度を始めました。
そこで僕も渋々自転車の鍵を開けていると、友人が近付いてきて一言。
「オマエ今日何した?」と尋ねてきました。
僕はまだ誰にも、今朝の話をできないでいました。
その質問に不安になり、その友人に何故そんなことを聞くのかと逆に問いただすと、
僕の足元に何かが纏わりついているのが視えていて、ただ、彼にはそれがなんであるのかはわからず、
ただ凄く厭な感じがするらしく、どうしても気になるので聞いてみたそうです。
霊感があるとかそういう類の話にまったく興味のない人だったので、
少々驚きながらも、だからこそ信用できると思い、とりあえず事情を説明することにしました。

話を聞き終わった彼は、「とりあえずうちに来い」と言いました。
他になす術のない僕は、彼の言葉に従いついていくことにしました。
そして、彼のうちに向かう道中に聞いた話によると、
彼の家は一家揃って霊感が強く、特に妹は特別で、その道にスカウトされたこともあるらしいのです。
まだ実害もなく、そんなに深刻に思っていなかった僕は、そんな大層な人に見てもらわなくても…
と思いましたが、折角なので祓ってもらえるのなら祓ってもらおうと思い、
彼の家でその妹さんと会ってみる事にしました。

しかし、家に着くと彼の父親が玄関に立っており、「スマンが帰ってくれ」と言うのです。
僕は訳がわからず、友人に助けを求めてみましたが、その友人も困惑していました。
「せめて事情を聞くだけでも」とかけあってもくれましたが、
「ダメだ、帰ってくれ」と冷たく言い放たれ、仕方なくぼくは帰路に着きました。


910 :踏切:2007/08/08(水) 03:52:13 ID:X0p8SiOL0
ついて来いと言われたのに、玄関にも上げられず邪険に追い払われた僕は、非常に腹が立っていました。
とりあえず、家に帰ってすぐさま先ほどの彼に電話すると、なかなか出てくれません。
一分ほどコールした後、ようやく電話口に出た彼はただ謝るばかり。何も話してはくれません。
それでもしつこく聞いていると、彼は父親に『絶対に教えるな』と言われたとだけ話してくれました。
しかし、そう言われると余計に気になるものです。
ただ、もうその夜出来る事はなかったため、僕は床に就くことにしました。
その夜は怒りのせいか、疲れのせいか恐怖心はなくすーっと眠ることが出来ました。

夢を見ました。
鼻を突くツンとした臭いが漂っています。
遠くに踏切があって、あの音が鳴っています。僕はそれを見つめるだけで、まったく動くことは出来ません。

次の日も同じ夢を見ました。状況はまったく同じ。ただ、少しだけ踏切に近付いています。
毎日同じ夢を見ます。だんだん、踏切に近付いてゆきます。

それから数日、『彼』から無理やり話をききだしたところ、
「僕と自殺した男は一つになっている」そうです。
男は死ぬ直前、目が合った時に、理由はわかりませんが、
花束を置いたのが僕で、それも意図的であると直感し、憎んだそうです。
そして同時に、罪悪感を抱いた僕の感情と彼の感情がリンクして、僕に取り憑いた―むしろ混じったらしく
これは並大抵の力ではどうすることも出来ず、中途半端な力では飲み込まれてしまうそうです。
結局、僕は話を聞けたものの、どうすることも出来ず、今夜も眠らないように過ごしています。

原因は、誰でも持っているような小さな好奇心でした。
ただ、人の命が関係する時には、その好奇心は眠らせた方が良いと思います。
でないと、僕と同じような目に会うことになってしまうかもしれないのですから。
関連記事
コメント

管理者のみに表示