奇妙なセミナー

2017.06.21.Wed.20:30
567 :奇妙なセミナー:03/08/08 23:10

これは私が幼稚園の年長(?)から小学校低学年の頃に体験した話です。

幼稚園年長(多分)の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えさせられて車に乗せられた。
車は見た事も無いような暗い裏道を通り、何処かへ向っていく。
小声で「何処へ行くの」と尋ねると、母は「セミナーへ行くのよ」と呟いた。

暫く走った後、そこに着いた。
建物の玄関には、薄ぼんやりとした明かりを放つランプが置かれていて、
中には明かり一つ無く、幼い私は何となく恐怖を覚えた。

続きを読む "奇妙なセミナー"

閉鎖病棟

2017.06.18.Sun.22:30
156 :まる:03/06/12 12:58

夫から聞いた話です。

昨年、夫は秋田県にある私立の精神病院に、パート勤務しておりました。
ご存知の方も多いでしょうが、精神病院には開放病棟と閉鎖病棟と2つの病棟があります。
閉鎖病棟の出入りには鍵を必要とし、患者さんも一般生活が困難でありそうな方々が入院しています。
秋田県の郡部の方が多く、近年まで続いた近親婚の影響も多々見受けられ、
閉鎖病棟から退院、もしくは開放病棟に移る方は稀で、
家族からの懇願もあり、一生を閉鎖病棟で過ごされる方が殆どと聞きました。

続きを読む "閉鎖病棟"

指紋

2017.06.16.Fri.20:30
336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 01:06

大学の友人S子が体験した不思議な話です。

ある日、S子が一人暮らしのアパートに帰ると、部屋の中が荒らされていました。
S子は泥棒にはいられたと、すぐに警察に通報しました。
やがて警察が来て、事情聴取や現場検証が行われました。

続きを読む "指紋"

幽霊物件

2017.06.15.Thu.20:30
243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 22:10

怖いか知らんが、俺の聞いた話。判断してくれ。

最近知り合いが、俺の住む某地方都市に引っ越すことになって、
「不動産選び手伝ってくんない?」ってことで不動産屋に。
若い不動産屋の兄ちゃんが良くしゃべるやつだったから、長年の疑問をぶつけてみようと思って、
「あのー…幽霊物件とかありますよねえ?よくテレビとかで出る」って聞いたら、兄ちゃんニヤリ。
「あんまりお客さんには言っちゃダメだって、上から言われてるんスけど…」
と言いながら、棚から厚手のファイルを取り出してきた。


続きを読む "幽霊物件"

後女

2017.06.14.Wed.20:30
35 :1/7:03/06/02 22:19

中1の夏でした。
私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。
といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、
夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出掛ける事になり、
私はそのとき、初めて泰造さんの屋敷を訪れたのでした。
そこは某県の山奥、大自然に囲まれた、まさしく田舎といった場所で、
屋敷と呼ぶにふさわしい、古いながらもとても大きな家構えでした。

続きを読む "後女"

チクリ

2017.06.13.Tue.20:30
9 :1/3:03/05/09 22:21

大学に通うため上京してすぐのことです。

高田馬場から徒歩15分ほどにある、家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。
6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時としては割りと安かったと思います。
家具も家電製品もなく、布団とダンボール詰めの衣類だけの何にもない部屋で、
最初の一月は自炊をして我慢していました。

続きを読む "チクリ"

押入れから

2017.06.12.Mon.20:30
150 :山師さん :01/09/21 17:44

賃貸不動産板で最低と書かれている不動産E社で働いていた友人Sから聞いた話です。

高卒で不動産屋に就職したSが、入社から半年を過ぎた11月頃に、
Sの友人Tに、賃料が安く駅から近い物件を紹介してくれと頼まれ、
築15年の古いアパートだが、和6 洋4.5 風呂トイレ別ユニットバスの木造アパートを紹介しました。
Tは物件の下見後即契約し、そのアパートへ引っ越しました。


続きを読む "押入れから"

夢の島の生首

2017.06.11.Sun.20:30
115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 07:12


12 :山師さん:01/09/29 19:09
1973年に杉並区のゴミ引き受けを拒否し、マスコミで大きく取り上げられた、江東区夢の島騒動をご存知でしょうか?
夢の島というゴミ埋立地は、整地されるまで多くの不法投棄があり、イエバエなどが発生して社会問題化しました。
この夢の島の上に高速湾岸線が通っています。
何年か前に見た深夜番組(トゥナイトだったかもしれません)で肝試し心霊番組を放送していたのですが、
その番組を見て冷や汗をかいた話を書きます。
その番組で出た場所は夢の島公園付近の空き地で、
『高速道建設中に、多くの作業員が空中に浮かんでいる大きな髪の長い女の生首を目撃した』というものでした。

続きを読む "夢の島の生首"

かなめさま

2017.06.10.Sat.20:30
789 :かなめさま 1/8:03/04/25 01:42

俺がむかし住んでいた場所はド田舎で、町という名前は付いていたが、山間の村落みたいなところだった。
家の裏手の方に山道があり、そこに『かなめさま』のお堂があった。
もともとは道祖神だったらしいが、隣町への道路が整備されてからその山道自体が使われなくなり、
通る人も絶えて寂れてしまった。
かわりにというか、いつ頃からか『かなめさま』に、
身を忍んで人に言えないような悩みを打ち明け、願をかける慣習ができた。
そんな成り立ちも今にして思うだけで、俺がガキの頃はとにかく『かなめさま』はタブーで、
昼間でもそのあたりは近寄りがたかった。
見ても見られてもいけない。牛の刻参りのようなものだ。


続きを読む "かなめさま"

廃屋探検

2017.06.09.Fri.20:30
845 :841 ◆O2uqqje66g :03/04/18 15:15

小学生の頃、俺は友達と2人で廃屋探検に行きました。
ターゲットは町内でも田舎な地域にある家で、結構新しいのに無人。
前の住人が自殺したとか殺されたとか、そういう噂が立っている所でした。

学校が終わってすぐその家へ向かう段取りだったのに、
俺が職員室に呼ばれて説教を食らっていたせいで、出発がずいぶん遅れました。
しかもコンビニ寄って立ち読みしてたりで、現場に到着したのは夕方6時頃。
広い産業道路沿いの一角の、塀に囲まれた一軒家です。
周囲の空き地はススキが茂り放題で、いかにも空き家って雰囲気。
俺は「遅くなると怒られるよなー」とチキン入ってたんですが、友達はやる気満々です。
軽々と塀を乗り越えた友達は、早速玄関のドアをガンガン引っぱりました。でも開かない。
二人で手分けして入る所を探したんですが、
窓は雨戸用のシャッターが閉まっているし、裏口にはカギが掛かっているしで、とても入り込めそうにありません。
この時点で俺は半分諦めてたんですけど、相変わらず全力投球な友達に気を遣い、
一応やる気のカケラぐらいは見せておこうっていう軽い気持ちで、
「引いてダメなら押してみろってな」なんて言いながら、玄関のドアを押してみました。
すると信じられないことに、あっさりと開きやがったんです。
「マジか!ウッソやろぉ!」
友達がダッシュで駆け寄ってきました。ボルテージは最高潮です。
「これは何かあるでぇ・・・」などととつぶやきながら、余裕の土足で上がり込んで行きます。
しかたなく、俺も後から家の中に入りました。


続きを読む "廃屋探検"
« Prev | HOME | Next »